http://skatingjapan.or.jp/national/detail.php?athlete_id=183

こんかいは、小平奈緒さんについて紹介をしていきます。

小平奈緒さんといえば、ソチオリンピックで表彰台にたったことから、一気に注目を浴びだしました

今季のソチオリンピックでも期待が集まっていますが、小平さんの血液型や彼氏などのプライベートも知りたいですよね^^

そのような、フリーのときには何をしているのかにも注目していきます。

スポンサーリンク

小平奈緒 プロフィール

 

小平奈緒 プロフィール

名前

小平奈緒(こだいらなお)

国籍 日本
誕生日

1986年5月26日(31歳)

出身地 長野県茅野市
身長 165cm
体重 61kg
所属 相澤病院
公式サイト CloverLink

 

小平奈緒さんの経歴

小平奈緒さんは、新谷純夫さん(新谷志保美濃父親)を師匠に持ちスピードスケートを行っていました。

 

最初に、歓声を浴びたのが、茅野市立北部中学校中学2年のときにスピードスケート500m競技にて中学記録を樹立。

 

さらには、その歳に2001年(中学2年)には全日本ジュニア(スプリント部門)で当時高校生の吉井小百合さんを破って、初の中学生王者に輝くことになります。

 

そして、初のオリンピック出場となったのは、バンクーバーオリンピックです。

出場した競技は、500m、1000m、1500m,と短さでははスピード、距離の長さでは、スタミナが必要な競技であり、どちらも、兼ね備えている優秀な選手だということがわかります。

 

そして、バンクーバーオリンピックでは、500mが12位、1000m、1500mは5位に入りました。

初挑戦でありながらも、おkすることなく自身のスケートができたのが、良かったですし、この結果からも小平選手が、世界に通用する選手がわかりましたよね。

スポンサーリンク

 

小平奈緒 平昌オリンピック出場決定!!

小平奈緒さんは2018年2月の平昌オリンピックに出場します。

また、平昌五輪の旗手は冬季五輪で日本史上最多8回のレジェンド葛西紀明さんが担当し、主将に小平奈緒さんが抜擢

 

主将と聞くと、男性のイメージが強いですが、女性の小平奈緒さんがそのポジションに居るということは本当にすごいです。

すごいキャプテンシーがあるのかもしれないですね。

 

 

小平奈緒 平昌ポリンピック出場種目

小平さんの出場種目は、500mと1000mです。

 

小平奈緒のトレーニングについて

小平さんといえば、圧倒的強さの秘訣は何なのでしょうか??

根性?練習量?技術?

考えていても仕方ないですが、小平さんの強さの秘密の一辺がわかるものでがあります。

 

それがこれ。

 

2018年1月20日(土曜)の番組バース・デイ。

直訳すると、生まれた日とでも訳すのでしょうか。

 

そこでは、小平さんの強さを見ることができます。

太もももすごい大きさですから、見たら驚きますよ。

スポンサーリンク

 

小平奈緒さんの血液型

ネットでは、小平さんの性格や看護師について調べている方もいますが、こんかいは、血液型について見ていきましょう。

 

スポーツ選手はA型かO型が多いイメージがあります。

A型は、繊細な性格から、スケジュール管理や体調管理などをキッチリすることもあり、スポーツマンとしての管理を十分にしている事も考えられます。

 

O型は、血液型の中では、おおらかなイメージですが、血液型の中では、免疫力が強く、カラダも強いことが特徴です。

 

そして、小平さんの血液型はというと、A型でした

日本人に一番多い血液型ですからね。^^;

そうですよね。

 

小平奈緒に彼氏はいるのか!?

 

そこで、ここまでかわいく素敵な人ですから、浮かれた話の1つや2つあると思いきや、なし!!

 

しかも、バンクーバーオリンピックでは、彼氏がいないことから、彼氏募集宣言もかけており、そのへんもカワイイなと感じてしまいました。^^

 

バンクーバー五輪から数年が経過した現在でも過酷な練習をしていますから、なかなか、恋愛に行くことができないかもしれないですね。

 

ただ、澤穂希選手や吉田沙保里選手もアスリートでありながら、彼氏欲しい!とインタビューで言っていまましたが、結婚や彼氏はできると思います。

澤穂希選手に至っては、イケメンの彼氏から、結婚に至りましたからね。

人生何が怒るかわかりません、

スポンサーリンク

 

まとめ

 

こんかいは、小平奈緒さんについてしょうかいさせていただきました。

平昌オリンピック楽しみですよね。

こんかいは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

また他の記事も読んでいただけると幸いです。

スポンサーリンク