須本光希といえば、次世代の羽生結弦と言われるくらい完成度の高いフィギュアスケートをする高校生だ。

そんな彼は一体どのような人なのか。

この点について迫っていこう。

 

スポンサーリンク

プロフィール

名前:須本光希(すもと みつき)

生年月日:2001年2月4日

年齢:16歳

血液型:AB型

出身地:大阪府泉大津市

身長:164㎝

スポンサーリンク

須本光希 高校

須本は、現在16歳で「高校生」だ。

どこの高校に通っているのかといえば、「浪速高校」で、この高校の偏差値は、50-66とピンからキリまであるが、中堅よりも上位のレベルに位置する高校と言える。

 

また、同じフィギュアの友野一希選手も同じ高校の出身者だ。

現在は、「同志社大学」の学生としてフィギュアと勉強に打ち込んでいる。

 

 

また、須本の出身中学は「泉大津市立誠風中学校」だ。

スポンサーリンク

須本光希の彼女について

須本についてもっと調べてみると気になるのは「彼女」の存在だ。

フィギュアスケートといえば、氷上で可憐に舞い、心を奪われる人も少なくない。

 

高校生の中でも、ずば抜けてうまい須本であれば、彼女の存在がいてもおかしくないだろう。

 

しかし、その情報は全くと行って公開されていなかった。

彼のSNSを見てみよう

 

 

 

 

 

同じくフィギュアに打ち込む仲間たちと合う機会も多いわけだ。

もちろん、「異性」とも。

 

今後は、できる可能性もあるのではないだろうか。

スポンサーリンク

須本光希の母親はお金持ち!

実は、フィギュアスケートは大変お金がかかるスポーツだ。

スポンサーがいなければ、自身の金銭的負担が大きくなるわけだが、須本の実家がお金持ちという可能性がある。

 

実は、フィギュアは年間で400~600万円ほどかかるスポーツだ。

元フィギュアスケーターの「荒川静香」が言うには、ざっと2億円近くはかかると言う。

 

そのような、負担を一般家庭でするのは到底難しいが「金銭的余裕」があれば、話は早い。

また、実家がお金持ちでなければ、継続してスポーツを行うのも難しいだろう。

 

須本光希のコーチ、実は有名なあの人

須本のコーチについても見ていこう。

コーチの名前は大西勝敬だ。「町田樹」のコーチをしている人だ。

 

 

また、須本は、大西コーチになる前は、小関悦也というかただった。

小関コーチは「宇野昌磨」のコーチでもあった。

 

須本の経歴

スポンサーリンク

 

2017 第72回国体冬季大会(少年) 2位
2017 第66回インターハイ 3位
2016 全日本選手権 13位
2016 全日本ジュニア選手権 3位
2016 西日本ジュニア選手権 4位
2016 JGPドイツ大会 3位
2016 JGPチェコ大会 5位

2016 第36回全国中学校スケート大会 5位
2016 第71回国体冬季大会(少年) 3位
2015 全日本選手権 14位
2015 全日本ジュニア選手権 6位
2015 西日本ジュニア選手権 8位
2015 JGPアメリカ大会 7位
2015 アジアンオープントロフィー(Jr) 優勝

http://skatingjapan.or.jp/national/detail.php?athlete_id=616

須本の使った曲

須本が使った曲は映画にもなった「レ・ミゼラブル」だ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

須本光希の母親はお金持ちの可能性が高い

高校は浪速高校

前回使った曲はレミゼラブル

コーチは小関コーチと大西コーチ

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事