こんかいは、2017年のM1グランプリで奇しくも3位と惜しかった『ミキ』について紹介します。

ミキといえば、兄弟でコンビをしている芸人で『中川家』『千原兄弟』と3組目の兄弟芸人になります。

そんなミキの亜生さんはどんな方か知っていますか??

実は、面白い方なんですよ。また、『恋』についてもアッ!と驚くエピソードがあります。

それでは、その辺を見ていきましょう♪

スポンサーリンク

ミキ亜生 プロフィール

 

生年月日:1988年7月22日

年齢:29歳

出身:京都府舞鶴市

身長:173センチ

体重:63kg

最終学歴:東海大学海洋学部卒

旧コンビ名:やぶれかぶれ

同期:尼神インター、バンビーノなど

 

 

ミキ亜生の苦い恋、思い出…

『ミキ 亜生 清水 彼女』

検索結果には、このようなキーワードが出てきます

 

清水さんということも考えられますけど、実際はどうなのでしょうか??

 

ネットからの噂ではありますが、どうやら『ファミマtheよしもとカップ』の話題に出ていた『いでさん』のことだったようです。

いでさんは亜生さんの元カノで静岡県の東海大学でであったのが『いでさん』でした

 

福祉の仕事をしていた亜生さんは、『一緒に兄と漫才がしたい!!』という思いから、よしもとに入社することを決意しますが、そのことをいでさんに話したら、猛反対をくらうことに。

そして、それが原因なのかは定かではないですが、後日彼女の浮気を目撃。

 

そのときは、他の男と腕組みしながら歩いており、亜生さんと目があっても無視して、歩いていました

そして、別れることになりました。

そのときが2014年。

くしくも、兄と漫才を始める年と彼女と別れたことが同時になったのは、良くないでしょう。

また、そのときに一緒にいた兄の昴生さんは強がる弟の姿をみて泣いて心配していたようです。

 

清水で彼女がいるの!?ミキ亜生の恋の噂

ネット上での噂では、亜生さんの恋人は『エンジョイカフェで働く店員』の誰かという噂が流れていました。

また、それを信じてファン自身も偵察に行ってしまうくらいのこと!!

 

また、亜生さんの彼女がWダブルアートの真べぇで働き出したとの噂も出回りました。

その噂が出始めたのが2017年の8月~12月頃です。

その噂自体が嘘の可能性のが高そうですけど、実際は、どうなのでしょうか??

 

たしかに、ネットで調べてみると、その情報がでてきますが、証拠となる写真がないことやファンによるあるいは、他の外部者による妄想だと考えられます。

つまり、店で働いている女性スタッフに亜生さんの彼女はいないということです。

その証拠に2017年に始まった『なにわフィーリングカップルシーズン2』にて亜生さんは彼女いない歴1年書いていました。

2017年の8月~12月頃に噂がでたのに、彼女いない歴1年は流石に不自然ですから、これは嘘だといえます。

 

しかし、2017年のことでは嘘となります!!

 

この噂には真実も含まれています。

実は、亜生さんが大学時代、清水市にいたころに付き合っていた彼女が『あやの』と言う名前で働いていました。

また、目撃情報もあったので、かなり信憑性がある可能性が高いです。

 

内容は、

「始めは彼女がエンジョイカフェで働いていて真べぇの店がOPENするときから働きだしたはずですよ。猫のアカウントだけ見たけど普通に彼女写っててわらった(笑)」

「奥さんじゃなくて同棲彼女じゃない?例のカフェ店員」

 

という情報もありますが、やっぱり、真相はわからないです。

元カノの『いでさん』が働いていたのでしょうか??

いろんな可能性が考えられますが、真実はわかりません。

 

亜生の好きなタイプ・性格

 

亜生さんの好きなタイプはどのような方なのでしょう。

実は、お兄さんのことはよく話すのに自身のことは明かしてくれません(泣)

個人的には、年上のお姉さんがお似合いだと思うのですが^^;

 

 

また、イベントで四柱推命占いをしてもらった際には、

亜生さんは…『天性のハンタータイプ』といわれました。

・『恋愛になると周りが見えなくなるタイプ』

・42歳まで恋愛運は絶好調

・結婚するタイミングは35歳

 

このような占い結果が明らかになりました。

 

 

 

また、他の雑誌での占いでは、亜生さん本人のことを占っています。

雑誌のインタビューでの占いでは、

・人間関係を大切にする思いやりの深いタイプ

・サービス精神が旺盛で面倒見がいい

・友達や家族など身近な人達を親密になるタイプ

 

実際の性格は…え!?

 

ミキ亜生さんの性格はかなりルーズな性格のようです。

ネタは二人で作るみたいですが、打ち合わせをしてもネタの内容に触れること無く雑談で終わってしまうことが多いようです。

ルーズというか…お兄さんもすこし甘いような気も^^;

マイペースですが、漫才はとにかく考え込まれたものを提供しているため、即興で作り上げている可能性もあります。

その点を考えると、兄弟ともに頭の回転が良いのかもしれません。

でなければ、練習ルーズで本番のときにデキルというのは考えられませんから。

 

 

また、性格は兄を立てるタイプで兄貴思いないい弟でもあります。

顔は亜生さんの方が男前でその点をよくいじられるそうですが、兄のことは心の底から尊敬しているようです。

 

まとめ

こんかいは、ミキの亜生さんについて紹介しました

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます

他の記事もお読みいただけると幸いです。

ありがとうございました

 

スポンサーリンク
おすすめの記事