石川遼選手といえば、ゴルフ界の若手ホープとして若い頃から注目されてきました。

プロになったのも16歳6ヶ月と史上最年少でなったほどの実力の持ち主。

晩年で活躍できるように若いうちからたくさんの経験や技術を蓄積&磨いてほしいものです^^

それで、石川遼さんといえば、身長をサバ読みしているのではないか??と噂されています。

 

そこで、こんかいは、石川遼選手の身長サバ読み問題!!これに注目していきます。

スポンサーリンク

石川遼 プロフィール

 

 

所属先 CASIO 国籍 / 出身地 日本 / 埼玉県
ツアー通算 14勝 出身校 杉並学院高校
身長 175cm ゴルフ歴 6歳から
体重 70kg プロ転向 2008年
血液型 O型 得意クラブ ドライバー
生年月日 1991.09.17(26) 趣味 音楽鑑賞

http://www.alba.co.jp/より

 

石川遼の身長サバ読み問題!!

石川遼選手といえば、スラリとした体格でいつもスマートにゴルフをしています。

そして、身長は170以上あるのかなと皆さん思われますよね。

その通り。

 

しかし、問題なのはここから身長が173~175センチくらいだということ。

他のブログを調べてみると、石川選手のプロフィールには174センチとの表記があり、他のサイトでは、175センチやら173センチやらてんやわんわ^^;

 

実際に、ホームページのサイト(公式ホームページ)を見てみると、175センチとの表記があります。

実際には、175センチですが、なぜこのようなサバ読みとの噂が出るようになったのでしょうか??

その点について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

身長サバ読み問題のでどころ

その出処らしき情報をみつけました。

それがこちらです。

 

いきなり話題はゴルフから逸れるが、先日、友人との会話で興味を引くハナシがあった。旦那さんとの結婚のなれそめを聞いていたときのことである。彼女は旦那さんと出会う前に、何度かお見合いを経験していたが回を重ねるごとに、持ち込まれるお相手の釣書と、写真にほとほと嫌気が差していたという。

「だって、どれもウソばっかりなのよ」と、彼女は小鼻を膨らませた。というのも、彼女は身長170センチ。誰もが羨むモデル張りのスラリとしたプロポーションも本人には大いに悩みの種で、いちばん困るのが隣を歩く男性に勝ってしまう場合が多々あること。それで出来るだけ釣書の段階で、自分と同じかもしくは1センチでも背が高い男性を選び、当日もヒールのある靴は絶対に避け・・・。そんな涙ぐましい配慮をして出かけていったにも関わらず、いざ対面すると相手の視線が自分よりもえらく低い。

「それで気づくの。この人も身長のサバを読んでいたんだと」。ひどいときには明らかに5センチ以上も偽っている人もいて、それに加えてお見合い写真では巧妙に覆い隠されていた頭髪の薄さがショックに輪をかけて・・・。そんなことが立て続いて彼女は次第に人間不信に陥っていったそうだ。

そんな悪夢の繰り返しだったからこそ、今の旦那さんの誠実さが際立った。彼女は厳かに切り出した。「彼は、釣書になんと169センチと書いてきたのよ!」。それが決め手となった。自分より1センチ低かったが、一度会ってみたいという気にさせられた。振り返ればそんなお見合い相手は始めてだったという。それまでの経験からいえば、身長169センチならたいていの男性は「170センチ」と、体よく四捨五入してしまうことが多かったという。

「1センチくらいならバレないだろうと、男の人はつい見栄を張ってしまうんでしょうね。でも、彼はそうはしなかった。ああ、この人は本当に正直な人なんだって。今までが今までだったからあの人に対しては、会う前からかなりポイントが高かったのも確かなの」。さらに実際に対面してみるとポイントは下がるどころか、ますますアップ。「堂々と、素の自分で勝負している感じがとても良かった」と、頬を染めた。

何かを偽ってまで格好良く見せたい、相手によく思われたい・・・・・・。それはあらがうことのできない男性の、いや、全人類に共通する“ニンゲンのサガ”である。でもだからこそ、あえて正直さを貫いた男は女性の愛を勝ち取った。そんなハナシを聞いた直後だったから、石川遼のプロフィールの身長が、今年から「174センチ」と書き換えられたという話題がなおさら目を引いた。

なんでも昨年春の時点で石川は、173.8センチだったそうである。「だから、去年のプロフィールには173センチと書いたのだ」と。先の釣書の例で言えば、数センチも“詐称”して平気でいるよこしまな男たちに比べてたかが2ミリなど可愛いものだ。その時点で「174センチ」と記しても、誰も責めたりはしなかっただろう。

しかし、石川はそうはしなかった。むしろ、数字を低いほうに切り捨てて申請した。そして、改めて今年になって計測しなおして「174.2センチ」と、4ミリ伸びていることが判明した。それでようやく本人も、嬉々としてようやく「174センチ」と、書き換えたのだという。真っ直ぐな18歳はいつでも謙虚にあるがまま。等身大の自分を惜しげもなくさらけ出し、1ミリすらも自分を偽らないその誠実さと潔さ。石川が女性ファンの心を鷲掴みにして離さない秘密がここにもあった。それに、今をときめく18歳が今なお着実に成長していることを実感させられるエピソードでもあり、そのことがまた頼もしく、喜ばしいことである。

情報元サイト

こちらの情報を整理すると

筆者の友人が高身長女性でプロフィールと違う数字を書いていたため、見下ろすことが多い。

だから、身長をサバ読むのはやめてほしい

じゃあ、石川遼くんの当時のプロフィールを見ると173センチ。

でも、実際は174.2センチで今も身長が伸びている。

いい意味での身長サバ読みだよね。

 

ということになります。

ということは、石川遼さんは身長を高く見せるためのサバ読みをしていたのではなく、身長が伸びていたため身長が当時のプロフィールである173センチは間違いであり、「サバ読み」ということに話が発展したのではないでしょうか??

 

そう考えると妥当なのかなと。

大きいサイトでもあるので、多くの方々が見る場所でもありますからその線は十分に考えられますからね。

ちなみにサバ読みの意味合いについても紹介していきますね

 

【サバ読み】

 

鯖読み(さばよみ、サバ読み)とは、年齢や体のサイズ(身長・体重・3サイズ)などをごまかす事。慣用句の「鯖を読む」を名詞化したものである。

  • 実際の数値より大きく言う事を、鯖読み(さばよみ)という。同義語として下駄を履かせる。
  • 実際の数値より小さく言う事を、逆鯖(ぎゃくさば、逆サバ)という。

ただし、年齢や体重など少ない方が良いと考える事が多いものについては逆に小さく言う事が鯖読み、大きく言う事が逆鯖となる。

ウィキペディアより

となります。

ということは、この事件から石川選手は「逆サバ」をしていたということです^^

ちなみに、身長を大きくみせたい男性心理についても見ていきましょう。

 

 

身長をサバ読みする男性心理

身長をサバ読みしてしまう男性心理についてはこのようなことが考えられます。

 

・自分の身長がコンプレックスで身長を大きくみせたい

・身長が高すぎてこわいため、少しでも低く見てもらって相手に安心してもらいたい

 

この2つが考えられます。

あとは、嘘をつきやすいということもありますよね。

身長って、身長計測器で図らないとわからないですし、「朝と夜で測るとちがうから!!」などの言い訳をしていれば、バレないと思いますからね。

もちろん、度を過ぎた嘘はいけないですけど。

その小さな見栄というのは可愛らしいなと感じさせますよね。^^

スポンサーリンク

まとめ

こんかいは、石川遼選手の身長サバ読み問題について紹介しました

最後まで記事をお読みいただきありがとうございます

他の記事もお読みいただけると幸いです。

ありがとうございました

 

 

スポンサーリンク